イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

りんごとおさつのベイクdeデザート

レシピを印刷する

りんごとおさつのベイクdeデザート

お手軽でおしゃれなあったかデザート。シナモンの香りもおいしそう。

カロリー1人分:277kcal.

塩分1人分:0g

ケータイへ送る

材料(4人分)
さつまいも 大1本
りんご 2個
砂糖 大さじ2?3
レモン汁・シナモン 少々
生クリーム 1カップ

作り方

(1)さつまいも大1本は1cm厚の輪切りにし、りんご2個は皮をむかずにクシ型に切りバターをぬった耐熱皿に入れます。
(2)砂糖大さじ2〜3、レモン汁少々をふり入れ軽くまぜ、シナモン少々と生クリーム1カップをかけます。
(3)180℃のオーブンで約40分、こげ色がつくまでを焼けば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●りんご● 【栄養・効能】植物繊維のペクチンが含まれています。ペクチンは水に溶けるとゼリー状に固まるため、便秘のときは排便を促し、下痢のときは腸壁を守るなど整腸作用が期待できます。またナトリウムを排出する働きのあるカリウムが塩分のとりすぎを防ぎます。
【選び方】いろんな種類があって一概にはいえませんが、持ち重りのするものを。たまに、表皮がべたつくことがりますが、これはワックスではないので心配無用です。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「カキの旬はRがつく月」といわれるのは?

レシピを見る

「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価の高いカキ。うまみたっぷりの濃厚な味わいが愛され、世界各国で食べられています。生食を好まない欧米でも、カキだけは生で食べます。その欧米でカキの旬とされるのは「Rがつく月」。とくに、体内に含まれる水分が少なくなり、うまみが凝縮してくる12月�1月がもっともおいしい時期です。反対に、Rがつかない5�8月は、産卵期のため、身がやせて中毒を起こしやすいので、食べないほうがよいといわれています。