イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

お手軽きりたんぽ鍋

レシピを印刷する

お手軽きりたんぽ鍋

  

カロリー1人分:480kcal.

塩分1人分:2.1g

ケータイへ送る

材料(4人分)
鶏もも肉 300g
ごぼう 1本
にんじん 1本
白ねぎ 1本
水菜 1束
まいたけ 1パック
えのき 1袋
小さじ1
【A】
ごはん 茶碗2杯分
少々
【B】
出し汁 6cup
醤油 大さじ3
大さじ2
みりん 大さじ2

作り方

(1)Aを合わせ、すりこ木等で(米粒が半分くらいつぶれるまで)つき、3cmくらいの小判型にする。
(2)フライパンに油を熱し、中火で(1)をこんがり焼く。
(3)鶏肉は一口大に切り、ごぼうはささがきにし水にさらす。にんじんは縦4つ割にしてささがきにする。水菜はザク切りにし、えのき・まいたけは小房に分ける。ねぎは斜め薄切りにする。
(4)土鍋にBを煮立て、鶏・ごぼうを入れ、アクを取り、再び煮立ったら、にんじん・ねぎを加え、柔らかくなったらまいたけ・えのき・水菜・(2)を加え煮る。

監修:日本食料新聞社 関西支社 ふれあいクッキング局

おいしさと栄養

●水菜● 【特徴】京都の伝統野菜で、もともとは冬野菜。関西名物のはりはり鍋には欠かせない青菜です。最近はサラダ野菜として1年中出回ります。
【栄養・効能】カルシウムとビタミンCがたっぷり。βカロテンや鉄、食物繊維なども多く含んでいます。
【食べ方】生のままサラダにするほか、鍋ものや煮びたし、漬けものに。煮こみすぎると歯ざわりが悪くなるので、加熱する場合はさっと火を通すのがポイントです。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

冬至にかぼちゃを食べるのは?

レシピを見る

12月22日は冬至。昔から、冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないといわれています。かぼちゃには、粘膜を丈夫にする働きのあるβカロテンをはじめ、ビタミン類が豊富。寒さが厳しくなるこの時期は、ビタミン補給にはかぼちゃがおすすめ。 かぼちゃは皮がかたくて切りにくいのですが、切り口を下にして安定させると、うまく切れます。また、電子レンジで軽く加熱すると切りやすくなります。