イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

ナスの丸ごとフライ

レシピを印刷する

ナスの丸ごとフライ

粉チーズと相性ぴったり。ピザにトッピングした、あのナスのおいしさです。

カロリー1人分:181kcal.

塩分1人分:1.7g

ケータイへ送る

材料(1人分)
ナス 1本
粉チーズ・小麦粉 適量
溶きたまご・細かいパン粉 適量
辛子・出し醤油 適量

作り方

(1)ナスはガクの部分を落とし、皮をむき塩水にしばらくつけておきます。
(2)ナスの水気をふきとり、粉チーズ、小麦粉・溶きたまご・細かいパン粉の順につけ、180℃の油でキツネ色になるまでよく揚げてから、油をきります。
(3)辛子と出し醤油を添えてどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●ナス● 【栄養・効能】90%以上が水分で、栄養素はあまり含まれていませんが、熱をさます、のぼせを改善するなど、古くからさまざまな薬効が知られ、民間療法などに利用されています。また、皮の鮮やかな紫色はナスニンという色素成分で、ポリフェノールの一種。強力な抗酸化作用があります。
【使い方】切り口が空気に触れると変色するので、切ったらすぐに調理するか、水にさらします。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

お肉とフルーツは好相性です。

レシピを見る

フルーツとお肉との料理はちょっとなじみがない気がしますが、これが意外と好相性。果実の中には、動物たんぱくを分解する酵素を含んだものも多く、たんぱく質の消化を助けたり、お肉を柔らかくする効果があるからです。例えば、メロンと生ハムや鴨とオレンジも相性のよい組合せとして知られています。果実のほどよい酸味は、お肉をあっさりと仕上げる効果があります。