イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

ブリとイカの小どんぶり

レシピを印刷する

ブリとイカの小どんぶり

薬味がきいて、さわやかな風味です

カロリー1人分:371kcal

塩分1人分:0.2g

ケータイへ送る

材料(2人分)
ブリ 80g
イカ 50g
長ネギ 1/2本
にんにく・しょうが 各大さじ1
ご飯 2膳
大葉 適量

作り方

(1)刺身用のブリ80gとイカ50gを粗く刻みます。
(2)長ネギ1/2本のみじん切り、にんにく・しょうが各大さじ1のすりおろしと合わせて包丁でたたき、冷蔵庫で一時間程ねかします。
(3)熱々のご飯2膳を盛った上に、ちぎった大葉適量をのせて醤油適量をかけたら出来上がり。
(4)お好みでワサビ、のりをかけてどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●ブリ● 【特徴】成長するに従って名前が変わる出世魚。関西ではワカナ、ツバス、ハマチ、メジロ、ブリ、関東ではワカシ、イナダ、ワラサ、ブリの順に呼び名が変わります。1年中出回りますが、脂がのってくる冬が旬。この時期のものを寒ぶりといいます。
【栄養・効能】DHAやIPAなどの不飽和脂肪酸を豊富に含みます。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも含んでいます。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

紙包みは焼き上がったらすぐに食卓に!

レシピを見る

材料を紙で包んで焼く調理法は、西洋料理では「パピヨット」と呼ばれます。パラフィン紙やオーブン用シートに、生か軽く火を通した材料をのせ、きっちり包んで焼きます。空気が逃げないように密封することで、味や香りを封じこめることができます。 焼き上がると紙が膨らむので、そのまま器に盛って食卓へ運びいただきます。紙を開くと、おいしそうな香りが広がりますが、さめると紙がしぼんでしまうので、すぐに食卓に出すことが肝心です。