イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

コーン茶碗蒸し

レシピを印刷する

コーン茶碗蒸し

卵を使わない茶碗蒸し。 

カロリー1人分:108kcal.

塩分1人分:0.6g

ケータイへ送る

材料(4人分)
コーン缶              小1缶(100〜150g)
かぶら               4個
豆腐                1/2丁
しめじ                1/2パック
みつば               3〜4本
白身魚(たらなど)        2切
水                  2cup
出し昆布              5cm角
【A】  
醤油               小さじ1
みりん              小さじ1/2
片栗粉              大さじ2
塩                少々

作り方

(1)水に昆布を入れて10分くらいおいておく。
(2)(1)から昆布を取り出し、コーン缶と皮をむいたかぶらとAを入れミキサーにかける。
(3)しめじは小房にわけ、白身魚は一口大に切り、塩茹でする。
(4)器に(3)を入れ、(2)を流し込み10分蒸す。
(5)2cmに切ったみつばを入れ再び1分くらい蒸す。

監修:日本食料新聞社 関西支社 ふれあいクッキング局

おいしさと栄養

●トウモロコシ● 【旬】旬は夏で、6〜9月の短い期間だけに出回ります。
【種類】黄色の粒の中に白い粒が混ざるピーターコーンをはじめ、新品種の味来(みらい)など、いろいろな種類があります。
【栄養・効能】主成分はでんぷんですが、たんぱく質やビタミンB群、食物繊維も含みます。
【保存法】収穫後、時間がたつとともに糖度が下がるので、求めたらなるべく早くいただきます。すぐに食べないときは、ゆでるか蒸して冷蔵庫で保存します。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは?

レシピを見る

昔から、土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣があります。 この時期は、暑さが厳しく、体調をくずしやすいとき。 脂質やたんぱく質、ビタミンAやB群が豊富なうなぎを食べることで、体に抵抗力をつけ、夏バテを防止しようというわけです。ちなみに夏の土用とは、立夏の前の18日間。その期間中の丑の日が「土用の丑の日」となります。