イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

かつおのタタキとたっぷり野菜

レシピを印刷する

かつおのタタキとたっぷり野菜

こんがりと焼いたニンニクが
かつおの旨味をひきたてます。

カロリー1人分:204kcal

塩分1人分:0.9g

ケータイへ送る

材料(2人分)
かつおのタタキ 1さく
新玉ねぎ 1個
ミョウガ 2個
大葉 6枚
しょうが 1片
貝割れ大根 1/2パック
サニーレタス 4枚
ニンニク 1片
適量
和風ドレッシング 適量

作り方

(1)新玉ねぎは薄切りに、ミョウガ・大葉は千切りにし、しょうがは粗みじんに切り、貝割れ大根は食べやすい大きさに切っておきます。
(2)お皿に手でちぎったサニーレタスを敷き、その上にそぎ切りにしたかつおのタタキを並べ、切っておいた野菜を混ぜ合わせ、タタキの上にのせます。
(3)さらに、スライスして油でこんがりと揚げたニンニクを散らします。
(4)和風ドレッシングをかけていただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●鰹● 【栄養】良質なたんぱく質を含むほか、貧血予防に最適の鉄、カルシウムの吸収を促すビタミンDなども豊富です。
【旬】日本列島に沿って移動する回遊魚で、旬は年2回。5〜6月に出回る初がつおと、9〜10月に南下してくるもどりがつおとがあります。
【食べ方】初がつおは、表面をさっとあぶってにんにくなど薬味をたっぷりきかせた「たたき」がおすすめ。もどりがつおは脂がのっているので刺身でいただくのがいちばんです。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

発芽玄米は普通の白米と同様に炊けます。

レシピを見る

発芽玄米は、玄米を水につけてわずかに発芽させたもの。 芽を出すために酵素が活性化するため、栄養価がアップ、特にアミノ酸の一種である「ギャバ」という成分が多くなります。 さらに、発芽によって外皮も柔らかくなるため、普通の玄米と比べると、柔らかくて食べやすいのが特長です。炊き方は普通の白米と同じ。発芽玄米100%でも、白米と混ぜて炊いてもおいしく食べられます。