イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

鶏肉の北京ダック風

レシピを印刷する

鶏肉の北京ダック風

食パンで巻きながらいただく、
クリスマスパーティにおすすめの一品。

カロリー1人分:485kcal.

塩分1人分:3.4g

ケータイへ送る

材料(2人分)
鶏もも肉 1枚
ニンニク・しょうが 各1片
甜麺醤・酒 各大さじ2
はちみつ・しょうゆ 各大さじ1
サンドイッチ用食パン 4枚
白ネギ 1本
きゅうり 1/2本
貝割れ大根 1/2パック

作り方

(1)鶏もも肉は、皮にフォークで穴をあけておきます。
(2)ニンニク・しょうがのすりおろし、甜麺醤・酒、はちみつ・しょうゆを混ぜ合わせたタレを作り、鶏肉全体にもみ込み、冷蔵庫で一晩以上ねかせます。
(3)温めたフライパンで皮の方からパリッとするまで焼き、裏返して火が通るまで焼けたら、1cm幅に切ります。
(4)半分に切ったサンドイッチ用の食パンで白ネギ・きゅうりの千切りと貝割れ大根を一緒に巻いてどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●鶏肉● 【特徴】コクのあるもも肉、あっさりとしたむね肉、脂肪がほとんどなく淡泊なささ身、ゼラチン質が多い手羽先など部位によってそれぞれ違った特徴があります。
【栄養・効能】良質なたんぱく質を豊富に含むほか、ビタミンAの一種レチノールや、ビタミンB群を含みます。手羽先や骨つきもも肉には、コラーゲンが豊富です。コラーゲンは皮膚や髪の毛を健康に保つために欠かせない成分。レチノールは粘膜を丈夫にする働きがあります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

さばは塩で下ごしらえを

レシピを見る

秋から冬のさばは脂がのってひときわ美味。塩焼きやみそ煮もおいしいものですが、意外にさっぱりいただけるのが揚げもの。高温の油で揚げることで、余分な脂を落とすことができるからです。どの調理法の場合も、おいしくいただくポイントは塩をして身をしめること。塩をすることで余分な水分と一緒に特有のくさみが抜けます。全体に軽く塩をふって少しおき、出てきた水分はペーパータオルで押さえて拭きとります。