イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

生春巻きの野菜巻き

レシピを印刷する

生春巻きの野菜巻き

野菜のシャキシャキ感がくせになる、ヘルシー春巻き。

カロリー1人分:186kcal.

塩分1人分:1.9g

ケータイへ送る

材料(2人分)
ライスペーパー 4枚
たまご 2個
生ハム 4枚
レタス 3枚
にんじん 1/2本
きゅうり 1本
グリーンアスパラ 2本
お好みのドレッシング 適量

作り方

(1)たまごで薄焼きたまごを4枚作ります。
(2)ライスペーパーはさっと水にくぐらせ、やわらかくし広げて置き、生ハム、薄焼きたまごを上から重ねます。
(3)さらに、千切りにしたレタス・にんじん・きゅうり、半分に切りボイルしたグリーンアスパラをのせて巻きます。
(4)食べやすい大きさに切り、お好みのドレッシングでどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●レタス● 【種類】葉の形状の違いで玉レタス、葉レタス、立ちレタス、茎レタスの4つに分けられます。最もポピュラーなのが玉レタスですが、サニーレタスやプリーツレタス、そして最近ではロメインレタスやサンチュ(包み菜)なども人気です。
【保存法】冷蔵庫で保存しますが、芯の部分をくり抜き、そこにぬらしたペーパータオルを詰めておくと比較的パリッとした状態で保存できます。
【食べ方】サラダだけでなく炒めたり、汁の実などにも。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「カキの旬はRがつく月」といわれるのは?

レシピを見る

「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価の高いカキ。うまみたっぷりの濃厚な味わいが愛され、世界各国で食べられています。生食を好まない欧米でも、カキだけは生で食べます。その欧米でカキの旬とされるのは「Rがつく月」。とくに、体内に含まれる水分が少なくなり、うまみが凝縮してくる12月�1月がもっともおいしい時期です。反対に、Rがつかない5�8月は、産卵期のため、身がやせて中毒を起こしやすいので、食べないほうがよいといわれています。