イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

柿とかぶらのサラダ

レシピを印刷する

柿とかぶらのサラダ

  

カロリー1人分:86kcal.

塩分1人分:0.2 g

ケータイへ送る

材料(4人分)
2個
かぶら(葉付き) 4個
【A】  
大さじ4
砂糖 大さじ2
少々

作り方

(1)柿は縦半分に切って、薄切りにする。
(2)かぶらは縦半分に切って薄切りにし、塩少々(分量外) ふって、しんなりさせ軽く水洗いして水気を絞る。かぶらの葉は細かく切る。
(3)Aを合わせ、かぶらの葉を入れ、しばらくおく。
(4)柿とかぶらを盛り、(3)をかけて和える。

監修:日本食料新聞社 関西支社 ふれあいクッキング局

おいしさと栄養

●柿● 【種類・旬】甘柿の富有柿、次郎柿、御所柿、渋柿の庄内柿、西条柿があります。いずれも秋から冬に旬を迎え、渋柿は干し柿に利用されます。
【栄養・効能】「柿が色づくと医者が青くなる」といわれるように栄養豊富な柿。ビタミンCが豊富で、柿1個でみかんの3〜4個分。またカロテンも多く、ビタミンCとの相乗効果で風邪の予防に役立ちます。
【食べ方】そのままいただくほか、なますヤサラダに。彩りもよくなります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

紙包みは焼き上がったらすぐに食卓に!

レシピを見る

材料を紙で包んで焼く調理法は、西洋料理では「パピヨット」と呼ばれます。パラフィン紙やオーブン用シートに、生か軽く火を通した材料をのせ、きっちり包んで焼きます。空気が逃げないように密封することで、味や香りを封じこめることができます。 焼き上がると紙が膨らむので、そのまま器に盛って食卓へ運びいただきます。紙を開くと、おいしそうな香りが広がりますが、さめると紙がしぼんでしまうので、すぐに食卓に出すことが肝心です。