イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

ほうれん草のお好み焼き風

レシピを印刷する

ほうれん草のお好み焼き風

  

カロリー1人分:152kcal.

塩分1人分:1.1g

ケータイへ送る

材料(4人分)
ほうれん草 1束(200g)
小麦粉 大さじ6
2個
ごま油 大さじ1
【A】  
コチュジャン 大さじ1
にんにく(みじん切り) 小さじ1
すりごま(白) 大さじ1
大さじ1
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ1/2

作り方

(1)ほうれん草はサッと茹で、水気を絞り、フライパンの大きさに合わせて切る。
(2)(1)のほうれん草に小麦粉をまぶし、溶いた卵をつける。
(3)フライパンにごま油を熱し、(2)を並べて両面に焼き色をつける。
(4)(3)を食べやすい大きさに切り、合わせたAのタレをつけていただく。

監修:日本食料新聞社 関西支社 ふれあいクッキング局

おいしさと栄養

●ほうれん草● 【栄養・効能】βカロテンをはじめ、ビタミンB群、C・Eなどのビタミン類、カリウムやカルシウムなどミネラル類を豊富に含む健康野菜です。なかでも、鉄の含有量は抜群。造血作用のある葉酸も含むので、貧血予防に効果的です。
【食べ方】おひたしやあえもの、炒めものなどに。シュウ酸などアクの成分を含むので、ゆでたら水にさらしてアクを抜きます。サラダ用のほうれんそうはアクがないので、生のまま食べられます。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

冬至にかぼちゃは先人の知恵です。

レシピを見る

「冬至にかぼちゃを食べると長生きする」と昔からいわれます。これは風邪を引きやすい冬にβカロテンたっぷりのかぼちゃを奨励してのこと。とくにビタミンB1を豊富に含んでいる小豆との煮もの「いとこ煮」で冬を乗りきろうとする先人の知恵が継承されているものです。ちなみにいとこ煮とは小豆を煮たところに角切りのかぼちゃを“おいおい”入れるところからの命名とされています。