イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

カキのあおさ汁

レシピを印刷する

カキのあおさ汁

青のりを使ってもOK。磯の香りを楽しめる一品

カロリー1人分:54kcal.

塩分1人分:1.5g

ケータイへ送る

材料(2人分)
生食用カキ 4粒
あおさ 適量
だし汁 1/2カップ
しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ1/2
柚子の絞り汁 1個分
少々

作り方

(1)あおさは水で戻しておき、生食用カキ4粒はきれいに洗っておきます。
(2)だし汁1/2カップ、しょうゆ小さじ1、みりん小さじ1/2、柚子の絞り汁1個分を混ぜ合わせ、塩少々で味をととのえ、お汁を作り冷しておきます。
(3)器にあおさとカキを入れ、お汁をかければ出来上がり。
(4)お好みで柚子の皮を添えていただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●カキ● 【種類・旬】真牡蠣、長牡蠣、岩牡蠣などがあり、最も出回るのは、養殖ものの真牡蠣。岩牡蠣は夏が旬ですが、真牡蠣や長牡蠣は秋から冬にかけてうまみが増します。
【栄養・効能】「海のミルク」ともいわれるほどミネラルやうまみ成分がたっぷり。なかでも味覚を正常に保つ亜鉛や貧血予防に役立つ鉄・銅といったミネラルが豊富です。
【扱い方】牡蠣はたっぷりの大根おろしで洗うと、ごみや汚れがとれて白くきれいに仕上がります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

粉寒天の上手な使い方は?

レシピを見る

煮溶かすだけで使える便利な粉寒天。分量の水と鍋に入れて火にかけ、沸騰したらフツフツと煮たつ程度の火加減で2分ほど煮て溶かします。底に沈みやすいので、木べらなどで底から大きく混ぜながら煮ます。寒天液は35〜40度で固まるので、果汁など冷たいものを一気に加えると温度が下がって寒天が固まり始め、均一に混ざらなくなるので要注意。