イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

いちごのミルクアイスクリン

レシピを印刷する

いちごのミルクアイスクリン

子供達も大喜び。いちごたっぷりの手作りアイス。

カロリー1人分:198kcal.

塩分1人分:0.1g

ケータイへ送る

材料(6人分)
いちご 1パック
コンデンスミルク 200cc
生クリーム・牛乳 各100cc

作り方

(1)いちご1パックはヘタを取って洗い、ボウルに入れ、フォークであらく潰します。
(2)コンデンスミルク200cc、生クリーム・牛乳各100ccを加えてよく混ぜます。
(3)冷凍庫で冷やし、固まったら再び混ぜ合わせます。
(4)この作業を3回程くり返し、さらに一晩冷やし固めて出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●牛乳● 【栄養】日本人に不足しがちなカルシウムをほかの食品と比べても断然多く含みます。しかも小魚や野菜と比べてカルシウムの体内吸収率がよいのが特長。そのため、骨粗鬆症や骨折などの予防に役立ちます。
【食べ方】ドリンクとして味わう以外にも、クリームシチュー、グラタン、かぼちゃのミルク煮など料理に幅広く使えます。ちょっと変わったところでは、鍋にみそと牛乳を加えて煮る、奈良県の郷土料理「飛鳥鍋」もあります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

ゼラチンはたんぱく質?

レシピを見る

ゼラチンは動物の皮や骨などに含まれているコラーゲンを熱湯処理して得られるたんぱく質の一種です。溶かすときは水に浸してふやかしてから、湯せんにかけます。よく似たものに寒天がありますが、こちらはテングサなど海草を原料にしたもの。煮溶かして使います。夏みかんなど酸味が強いものを加えると固まりにくくなりますが、寒天が溶けて粗熱がとれてから加えると大丈夫です。寒天は35〜40度で固まり、85〜95度で溶けます。