イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

パン粉ソースのペペロンチーニ

レシピを印刷する

パン粉ソースのペペロンチーニ

カリカリッとした、パン粉の食感が新鮮

カロリー1人分:732kcal.

塩分1人分:1.2g

ケータイへ送る

材料(2人分)
スパゲティ 160g
少々
オリーブオイル 大さじ5
パン粉 50g
パプリカ(スイート) 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク 1片
赤唐辛子 1本
アンチョビフィレ 4枚

作り方

(1)フライパンにオリーブオイル大さじ5を入れ熱し、パン粉50gを入れキツネ色になるまで揚げ焼きにし、パプリカ小さじ1を加えソースを作っておきます。
(2)フライパンにオリーブオイル大さじ2、ニンニク1片のみじん切り、赤唐辛子1本を弱火で香りがでるまで炒めます。
(3)アンチョビフィレ4枚を加え炒め、さらにボイルしたスパゲティ160gを入れ塩少々をふり混ぜ合わせます。
(4)器に盛りソースをかけて出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●アンチョビ● 【特徴】カタクチイワシを塩漬けにして発酵・熟成させて油を注いだ加工品。びん詰や缶詰のほか、ペースト状にしてチューブ入りで売られているものもあります。塩辛く、濃厚な味わいで調味料としても使われます。
【栄養・効能】IPAやDHAといった不飽和脂肪酸が豊富。ただ、保存のために塩分が多いので、多食は避けましょう。
【食べ方】ピザやパスタ、グラタンに加えるほか、塩味を生かし野菜と炒め合わせても美味です。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは?

レシピを見る

昔から、土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣があります。 この時期は、暑さが厳しく、体調をくずしやすいとき。 脂質やたんぱく質、ビタミンAやB群が豊富なうなぎを食べることで、体に抵抗力をつけ、夏バテを防止しようというわけです。ちなみに夏の土用とは、立夏の前の18日間。その期間中の丑の日が「土用の丑の日」となります。