イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

肉まん・カレーまん風

レシピを印刷する

肉まん・カレーまん風

チンするだけで、食パンが蒸しパン風に変身。朝食やおやつに。

カロリー1人分:300kcal.

塩分1人分:2.0g

ケータイへ送る

材料(1人分)
食パン(6枚切) 2枚
市販のシューマイ 1個
レトルトのカレー 大さじ1

作り方

(1)ラップの上に耳を取った食パンを2枚別々に置きます。
(2)真ん中に市販のシューマイ1個をのせ、茶きん絞りにして輪ゴムでとめます。
(3)同様に、レトルトのカレー大さじ1をのせ、茶きん絞りにします。
(4)600Wのレンジでシューマイは1分、カレーは30秒かければ出来上がり。お好みで辛子やウスターソースをつけてどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●カレー粉● 【特徴】クミン、ターメリック、カルダモン、レッドパッパーなど20種類以上のスパイスをブレンドしたもの。当時インドを植民地支配していたイギリス人が誰でもカレーが作れるようにと考案したものです。
【食べ方】カレーライスはもちろん、カレーチャーハン、カレー南蛮漬け、カレー風味のから揚げ、カレー肉じゃがなどに。煮ものや炒めものなどにひとふりするだけでスパイシーで食欲がアップする料理になります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは?

レシピを見る

昔から、土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣があります。 この時期は、暑さが厳しく、体調をくずしやすいとき。 脂質やたんぱく質、ビタミンAやB群が豊富なうなぎを食べることで、体に抵抗力をつけ、夏バテを防止しようというわけです。ちなみに夏の土用とは、立夏の前の18日間。その期間中の丑の日が「土用の丑の日」となります。