イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

きのこの蒸しもの

レシピを印刷する

きのこの蒸しもの

ピリ辛のタレでいただく、秋の香りあふれる一品。

カロリー1人分:34.4kcal.

塩分1人分:1.7g

ケータイへ送る

材料(2人分)
エリンギ 4本
生椎茸 4個
松茸 1本
オイスターソース・酢 各大さじ1
しょうゆ・豆板醤 各小さじ1

作り方

(1)エリンギ4本、生椎茸4個、松茸1本は縦半分に切り、湯気の上がった蒸し器に入れます。
(2)強火で5分程蒸したら出来上がり。
(3)オイスターソース・酢各大さじ1、しょうゆ・豆板醤各小さじ1を合わせたタレでどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●松茸● 【特徴】秋だけに出回るきのこの王様。韓国や中国、カナダなどからの輸入品が、比較的求めやすい価格で出回ります。
【栄養・効能】ビタミンB群を多く含みます。香りの成分が食欲を増進します。
【食べ方】定番の松茸ご飯や土びん蒸し、焼き松茸に。薄皮をとらないようそっと洗い、石づきの部分は鉛筆を削る要領でそぎとります。切ったら酒をふり、ラップをかけて10分くらいおくと、香りが立ってきます。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

お肉とフルーツは好相性です。

レシピを見る

フルーツとお肉との料理はちょっとなじみがない気がしますが、これが意外と好相性。果実の中には、動物たんぱくを分解する酵素を含んだものも多く、たんぱく質の消化を助けたり、お肉を柔らかくする効果があるからです。例えば、メロンと生ハムや鴨とオレンジも相性のよい組合せとして知られています。果実のほどよい酸味は、お肉をあっさりと仕上げる効果があります。