イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

筍のなんばん漬

レシピを印刷する

筍のなんばん漬

酒の肴やお弁当のおかずにも。漬け込む時間はお好みで。

カロリー1人分:68kcal.

塩分1人分:1.3g

ケータイへ送る

材料(4人分)
300g
白ネギ 2本
お酢・しょうゆ・砂糖 各大さじ2
100cc
赤唐辛子 2本

作り方

(1)お酢・しょうゆ・砂糖各大さじ2、水100cc、赤唐辛子2本を合せ、調味液を作っておきます。
(2)ボイルして食べやすい大きさに切った筍300gと4〜5cmに切った白ネギ2本分は素揚げします。
(3)調味液に(2)を入れ、半日ほど漬け込めば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●筍● 【種類・旬】旬は4〜5月で、この季節以外はゆで筍が出回ります。一般的な孟宗竹の筍のほか、淡竹や小ぶりの姫竹(根曲がり竹)があります。
【栄養・効能】不溶性の食物繊維であるセルロースが多く、便秘改善に効果的です。
【扱い方】筍の切り口に出る白い粉はチロシン。アミノ酸の一種で食べても問題はありません。新筍は穂先を切り落とし、縦に包丁目を入れ、たっぷりの水に米ぬかと赤唐辛子を加えてゆでてから料理に使います。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

きのこは洗う?洗わない?

レシピを見る

しめじや舞茸、エリンギなどのきのこは、ほとんどが菌床栽培。汚れはついていないので、洗わなくても大丈夫です。 また、きのこ類は水分を吸いやすく、余分な水分があると風味を損なったり、香りが逃げてしまうこともあるので、洗わないほうが持ち味が生きます。そのまま使うのが気になるなら、洗ってもよいのですが、流水でさっと洗う程度にとどめます。