イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

イチゴのトライフル

レシピを印刷する

イチゴのトライフル

お好みの果物を入れて、カラフルに楽しく。

カロリー1人分:321kcal.

塩分1人分:0.1g

ケータイへ送る

材料(5人分)
市販のケーキスポンジ生地 1/2枚
砂糖 大さじ2
生クリーム 1カップ
イチゴ 1パック
キーウイ 1個 

作り方

(1)グラスに一口大にちぎった市販のケーキスポンジ生地1/2枚を入れます。
(2)砂糖大さじ2を加え六分立てした生クリーム1カップ、食べやすい大きさに切ったイチゴ1パックとキーウイ1個を、(1)の上にバランスよく重ねながら入れます。
(3)最後に生クリームをのせ冷蔵庫で2時間。冷たくしていただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●イチゴ● 【種類・旬】キイチゴなどの野生種を含めると国内だけでも50種以上。旬の冬から春先にかけて、とよのか、女峰、とちおとめなどが出回ります。
【栄養・効能】手軽に食べられるビタミンCの宝庫。10粒程度(大粒なら5〜6粒)食べると、1日の必要量を摂取できます。ビタミンCはコラーゲンの生成に大切な役割をになっており、血管や皮膚、粘膜を丈夫にします。ペクチンなどの食物繊維も豊富なため、便秘解消にも効果が期待できます。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「カキの旬はRがつく月」といわれるのは?

レシピを見る

「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価の高いカキ。うまみたっぷりの濃厚な味わいが愛され、世界各国で食べられています。生食を好まない欧米でも、カキだけは生で食べます。その欧米でカキの旬とされるのは「Rがつく月」。とくに、体内に含まれる水分が少なくなり、うまみが凝縮してくる12月�1月がもっともおいしい時期です。反対に、Rがつかない5�8月は、産卵期のため、身がやせて中毒を起こしやすいので、食べないほうがよいといわれています。