イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

とろっとろのミルクゼリー

レシピを印刷する

とろっとろのミルクゼリー

つぶあんのかわりにキーウィや柿、イチゴを加えても。

カロリー1人分:209kcal.

塩分1人分:0.1g

ケータイへ送る

材料(6人分)
牛乳 2.5カップ
砂糖 70g 
大さじ2
粉ゼラチン  5g
コンデンスミルク 適量
つぶあん 適量

作り方

(1)鍋に牛乳1カップ、砂糖70gを入れ火にかけ沸騰したら火を止めます。
(2)水大さじ2でふやかした粉ゼラチン5g、コンデンスミルク大さじ2を加えて溶かし、牛乳1.5カップの中にこし器でこして混ぜ合せ、粗熱をとります。
(3)冷蔵庫でしっかりと冷やしたら出来上がり。
(4)器に盛り、つぶあんとコンデンスミルクをあわせたソースをかけてお召し上がり下さい。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●牛乳● 【栄養】日本人に不足しがちなカルシウムをほかの食品と比べても断然多く含みます。しかも小魚や野菜と比べてカルシウムの体内吸収率がよいのが特長。そのため、骨粗鬆症や骨折などの予防に役立ちます。
【食べ方】ドリンクとして味わう以外にも、クリームシチュー、グラタン、かぼちゃのミルク煮など料理に幅広く使えます。ちょっと変わったところでは、鍋にみそと牛乳を加えて煮る、奈良県の郷土料理「飛鳥鍋」もあります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは?

レシピを見る

昔から、土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣があります。 この時期は、暑さが厳しく、体調をくずしやすいとき。 脂質やたんぱく質、ビタミンAやB群が豊富なうなぎを食べることで、体に抵抗力をつけ、夏バテを防止しようというわけです。ちなみに夏の土用とは、立夏の前の18日間。その期間中の丑の日が「土用の丑の日」となります。