イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

ごちそうチゲ鍋

レシピを印刷する

ごちそうチゲ鍋

ピリ辛 熱々。冬一番のおいしさ。

カロリー1人分:315kcal.

塩分1人分:2.2g

ケータイへ送る

材料(4人分)
カニ 2匹
はまぐり 8個
帆立貝 4個
カキ 1パック
キムチ 150g
白ネギ 2本
菊菜 1束
生椎茸 4個
絹こし豆腐 一丁
コチュジャン・白のすりゴマ 各大さじ2
一味唐辛子・しょうゆ 各小さじ2
しょうが汁 小さじ1
8カップ
少々

作り方

(1)鍋に水8カップを煮立てはまぐり8個を加え、口が開いたら取り出します。
(2)ざく切りにしたキムチ150g、コチュジャン・白のすりゴマ各大さじ2、一味唐辛子・しょうゆ各小さじ2、しょうが汁小さじ1、塩少々を加え煮立せます。
(3)ぶつ切りにしたカニ2匹、食べやすい大きさに切った白ネギ2本、菊菜1束、生椎茸4個、絹こし豆腐一丁、帆立貝4個、カキ1パックと火を通したはまぐりを入れて出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●菊菜● 【特徴】別名、春菊。独特の香りがあり、旬である冬は、おいしさも格別です。
【食べ方】鍋もの、お浸し、あえものなどに大活躍します。加熱調理のほかにも、柔らかな葉先だけを摘んで生のままサラダにしたり、焼き肉で巻いていただいても美味です。
【栄養・効能】免疫力を高めるβカロテンやビタミンB2・Cが豊富。そのほか、骨粗鬆症の予防に役立つカルシウムや、女性に不足しがちな鉄の含有量が多いことも特徴です。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「カキの旬はRがつく月」といわれるのは?

レシピを見る

「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価の高いカキ。うまみたっぷりの濃厚な味わいが愛され、世界各国で食べられています。生食を好まない欧米でも、カキだけは生で食べます。その欧米でカキの旬とされるのは「Rがつく月」。とくに、体内に含まれる水分が少なくなり、うまみが凝縮してくる12月�1月がもっともおいしい時期です。反対に、Rがつかない5�8月は、産卵期のため、身がやせて中毒を起こしやすいので、食べないほうがよいといわれています。