イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

鶏肉の焼酎鍋

レシピを印刷する

鶏肉の焼酎鍋

お鍋の仕上げは中華そばやお餅でどうぞ。

カロリー1人分:530kcal.

塩分1人分:2.5g

ケータイへ送る

材料(4人分)
骨付き鶏もも肉 600g
水菜 1株
ホワイトリカー  3カップ
3カップ
ゴマ油 大さじ3 
土しょうが 1片
小さじ2

作り方

(1)熱した中華鍋にゴマ油大さじ3を入れ、つぶした土しょうが1片を炒めます。
(2)香りが出たら、骨付きの鶏もも肉のぶつ切り600gを加え表面に焼き色を付けます。
(3)ホワイトリカー3カップを入れ、沸騰したらアクを取りながら20〜30分弱火で煮て、さらに水3カップを加え、20分煮ます。
(4)土鍋に(3)を移し、塩小さじ2で味をととのえ、5cmに切った水菜1株を入れていただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●水菜● 【特徴】京都の伝統野菜で、もともとは冬野菜。関西名物のはりはり鍋には欠かせない青菜です。最近はサラダ野菜として1年中出回ります。
【栄養・効能】カルシウムとビタミンCがたっぷり。βカロテンや鉄、食物繊維なども多く含んでいます。
【食べ方】生のままサラダにするほか、鍋ものや煮びたし、漬けものに。煮こみすぎると歯ざわりが悪くなるので、加熱する場合はさっと火を通すのがポイントです。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

ワインは難しく構えずに楽しみましょう。

レシピを見る

お肉料理には赤ワインを常温で、お魚には白を冷やしてなどといった決まりがうるさくいわれたのは昔のこと。赤と白の中間、ロゼならどちらのお料理とも合うし、食前酒としてはシャンパンがおすすめですが、シャンパンはかなり高価なので、スパークリングワインでも、そのきれいな泡立ちと風味は楽しめます。日本が世界で一番早く解禁になる今年のボジョレーヌーボーも、味わいたいものです。