イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

ミルフィーユ寿司

レシピを印刷する

ミルフィーユ寿司

フレンチ風の盛付けがおしゃれな押し寿司です。

カロリー1人分:483kcal.

塩分1人分:1.4g

ケータイへ送る

材料(分量は人数に合わせて調節して下さい。)
寿司飯  
刺身用サーモン  
ネギマグロ   
錦糸たまご  
あさつき  
レモンの薄切り  

作り方

(1)直径9cm位の筒型の中へ寿司飯を1cmの厚さに敷きます。
(2)細かくたたいた刺身用サーモンを、(1)に広げて置きます。
(3)さらに寿司飯、ネギマグロ、寿司飯の順に(2)へ重ねて入れて押し、型からはずします。
(4)トップに錦糸たまご、あさつきの小口切り、レモンの薄切りを飾れば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●鮭● 【種類・旬】一般的に鮭と呼ぶ白鮭のほか、紅鮭、キングサーモン、銀鮭などがあります。秋にとれる秋味が生で出回るほか、塩をしたものが通年出回ります。
【栄養・効能】IPAやDHAなど不飽和脂肪酸、抗酸化作用をもつアスタキサンチンを含みます。ビタミンDやB群も豊富。
【保存法】生鮭も塩鮭も冷凍できます。ひと切れずつラップに包みますが、食品用脱水シートで包んでからにすると余分な水分が除かれておいしくなります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは?

レシピを見る

昔から、土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣があります。 この時期は、暑さが厳しく、体調をくずしやすいとき。 脂質やたんぱく質、ビタミンAやB群が豊富なうなぎを食べることで、体に抵抗力をつけ、夏バテを防止しようというわけです。ちなみに夏の土用とは、立夏の前の18日間。その期間中の丑の日が「土用の丑の日」となります。