イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

芽キャベツのフライ

レシピを印刷する

芽キャベツのフライ

生ハムの塩味と丸ごと芽キャベツがよくあう。

カロリー1人分:516kcal.

塩分1人分:2.6g

ケータイへ送る

材料(4人分)
芽キャベツ 16個
生ハム 16枚
小麦粉・溶きたまご・細かいパン粉 適量
タルタルソース 適量

作り方

(1)芽キャベツ16個は熱湯でゆで、冷めたら生ハムで包みます。
(2)小麦粉・溶きたまご・細かいパン粉の順に衣をつけ、170℃の油でこんがりと揚げます。
(3)熱々を、タルタルソースでどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●芽キャベツ● 【特徴】キャベツの芽ではなく、キャベツの栽培変種。太い茎に直径3cmくらいの実がたくさんつきます。旬は冬です。
【栄養・効能】普通のキャベツと同様ビタミンやミネラルが豊富。とくに、ビタミンCの含有量はキャベツを大きく上回っています。
【食べ方】火が通りにくく苦みがあるので、下ゆでしてから調理。外側の皮を1〜2枚むき、根元に十文字に切りこみを入れておくと火が通りやすくなります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

ゼラチンはたんぱく質?

レシピを見る

ゼラチンは動物の皮や骨などに含まれているコラーゲンを熱湯処理して得られるたんぱく質の一種です。溶かすときは水に浸してふやかしてから、湯せんにかけます。よく似たものに寒天がありますが、こちらはテングサなど海草を原料にしたもの。煮溶かして使います。夏みかんなど酸味が強いものを加えると固まりにくくなりますが、寒天が溶けて粗熱がとれてから加えると大丈夫です。寒天は35〜40度で固まり、85〜95度で溶けます。