イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

レンジで豆乳茶碗むし

レシピを印刷する

レンジで豆乳茶碗むし

マグカップで作るこの手軽さは、夜食にもおすすめ。

カロリー1人分:160kcal.

塩分1人分:2.2g

ケータイへ送る

材料(2人分)
たまご 2個
豆乳 1カップ
適量 
固形コンソメスープ 1個
薄口しょうゆ 少々
片栗粉 小さじ2
パセリ 適量

作り方

(1)たまご2個、豆乳1カップをボウルでよく混ぜ合せます。
(2)耐熱容器に(1)を入れ、500Wの電子レンジに2分30秒以上かけます。
(3)水1カップ、固形コンソメスープ1個、薄口しょうゆ少々と、同量の水で溶いた片栗粉小さじ2であんを作ります。
(4)パセリのみじん切りを(3)に入れ、茶碗むしにかけてどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●たまご● 【栄養・効能】ビタミンCを除くすべての栄養素を含む、すぐれた栄養食品です。とりわけ、良質のたんぱく質が豊富。体内で作ることのできない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。
【保存法】尖ったほうを下にして冷蔵庫で保存します。気孔から水が入るおそれがあるので、水洗いは避けます。賞味期限は生で食べられる期限の目安。期限を過ぎたら食べられなくなるわけではありません。加熱調理をすれば大丈夫です。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「カキの旬はRがつく月」といわれるのは?

レシピを見る

「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価の高いカキ。うまみたっぷりの濃厚な味わいが愛され、世界各国で食べられています。生食を好まない欧米でも、カキだけは生で食べます。その欧米でカキの旬とされるのは「Rがつく月」。とくに、体内に含まれる水分が少なくなり、うまみが凝縮してくる12月�1月がもっともおいしい時期です。反対に、Rがつかない5�8月は、産卵期のため、身がやせて中毒を起こしやすいので、食べないほうがよいといわれています。