イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

揚げ里イモのみそスープ

レシピを印刷する

揚げ里イモのみそスープ

ネギのうま味とバターが香る、コクあるスープ。

カロリー1杯分:121kcal.

塩分1杯分:1.7g

ケータイへ送る

材料(分量は人数に合わせて調節して下さい。)
里イモ  
みそ  
出し汁  
白ネギ  
バター  
あさつき  

作り方

(1)里イモはやわらかくなるまで素揚げしておきます。
(2)白ネギは1cm幅の輪切りにし、バターを入れたお鍋で炒めます。
(3)火が通ったら出し汁とおみそを加えます。
(4)器に盛った(1)に、あたたかい(3)をたっぷり注ぎ、あさつきを飾れば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●里イモ● 【種類・旬】きぬかつぎでおなじみの石川早生が代表品種。粘りが強い土垂や赤芽、ぬめりが少ないセレベス、縁起ものの八つ頭や、関西で親しまれているえびいもや京いもがあります。
【栄養・効能】イモ類の中では低カロリーで、カリウムが豊富。独特のぬめり成分ムチンは、体内に入ると解毒作用のある成分に変化します。
【食べ方】ぬめりが多いので、皮をむいたら塩をふってもみ、ぬめりを洗い流すか、一度ゆでこぼして調理します。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「カキの旬はRがつく月」といわれるのは?

レシピを見る

「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価の高いカキ。うまみたっぷりの濃厚な味わいが愛され、世界各国で食べられています。生食を好まない欧米でも、カキだけは生で食べます。その欧米でカキの旬とされるのは「Rがつく月」。とくに、体内に含まれる水分が少なくなり、うまみが凝縮してくる12月�1月がもっともおいしい時期です。反対に、Rがつかない5�8月は、産卵期のため、身がやせて中毒を起こしやすいので、食べないほうがよいといわれています。