イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

カレースープ

レシピを印刷する

カレースープ

野菜たっぷりの、パンによくあうスープです。

カロリー1人分:263kcal.

塩分1人分:3.0g

ケータイへ送る

材料(4人分)
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク 1片
セロリ 1本
ズッキーニ 1本
玉ねぎ 1玉
ニンジン 小1本
じゃがいも 1個
トマト 1個
カレー粉 大さじ2
6カップ
固形スープ 2個
ローリエ 1枚
ナンプラー 大さじ1
鶏もも肉 1枚
塩・こしょう 適量

作り方

(1)フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れ、ニンニク1片のみじん切りで香りをつけます。
(2)1cm幅に切ったセロリ1本、ズッキーニ1本、1cm角に切った玉ねぎ1玉、ニンジン小1本、じゃがいも・トマト各1個を加えて炒めます。
(3)さらにカレー粉大さじ2、水6カップ、固形スープ2個、ローリエ1枚、ナンプラー大さじ1を入れます。
(4)一口大に切って炒めた鶏もも肉1枚を加え、30分煮込み、塩・こしょうで味をととのえたら出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●ナンプラー● 【特徴】小魚を発酵させて作るタイの魚醤。独特のクセがありますが、濃厚なうまみで、エスニック風料理には欠かせない調味料です。ベトナムのニョクマムや日本のいしるやしょっつるも魚醤の一種です。
【使い方】タイ風のカレー、牛肉やはるさめのサラダ、トムヤンクンなどスープの味つけに。少量加えるだけで、いかにもエスニック風の味が楽しめます。
【保存法】冷蔵庫で保存。多少風味は落ちますが、比較的長もちします。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「カキの旬はRがつく月」といわれるのは?

レシピを見る

「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価の高いカキ。うまみたっぷりの濃厚な味わいが愛され、世界各国で食べられています。生食を好まない欧米でも、カキだけは生で食べます。その欧米でカキの旬とされるのは「Rがつく月」。とくに、体内に含まれる水分が少なくなり、うまみが凝縮してくる12月�1月がもっともおいしい時期です。反対に、Rがつかない5�8月は、産卵期のため、身がやせて中毒を起こしやすいので、食べないほうがよいといわれています。