イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

トマトと枝豆のリゾット

レシピを印刷する

トマトと枝豆のリゾット

牛乳で作ってもおいしい、お手軽リゾット。

カロリー1人分:324kcal.

塩分1人分:2.5g

ケータイへ送る

材料(3人分)
1カップ
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク  1片
2カップ
固形スープ 2個
トマト 1個
枝豆 適量
塩・こしょう 適量
パルメザンチーズ 適量 

作り方

(1)フライパンでオリーブオイル大さじ2を熱し、ニンニク1片を入れ香りがでたら米1カップをとがずに透きとおるまで炒めます。
(2)水4カップと固形スープ2個で作った熱いスープを(1)にヒタヒタに注ぎ、混ぜながら煮ます。
(3)米がふくらんできたら残りのスープを加え、混ぜながら中火で10分位煮ます。
(4)七分位火が通ったら、2cm角に切ったトマト1個とボイルした枝豆を加え塩・こしょうし、パルメザンチーズをふっていただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●枝豆● 【種類・旬】大豆の若さやを未熟なうちに収穫したもの。7〜8月に旬を迎えます。袖振、白鳥などのほか、茶色で甘みの強いだだ茶豆や茶豆があります。
【栄養・効能】大豆の成分のほか、大豆にはないビタミンCも豊富。βカロテンも多く含みます。また、メチオニンというアミノ酸を含み、アルコールの分解を促す働きがあるので、ビールのつまみにぴったりです。
【食べ方】味が落ちやすいので、ゆでる直前にさやを枝から外します。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

オクラ/成長力の旺盛な夏野菜です

レシピを見る

原産地はアフリカ北東部。エジプトでは2000年も前から栽培されていたそうです。オクラという名も原産地に由来します。カロテン、カルシウム、食物繊維に富む緑黄色野菜で、切ると粘りが出るのが特徴。粘りはペクチンとムチンという成分で、滋養強壮作用があり、夏バテの解消にもひと役買います。さっとゆでたものを刻んでとろろのようにいただくほか、サラダや酢のもの、天ぷらなどで。原産地での食べ方を真似て、カレーに入れた「ガンボ」もおいしいものです。