イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

寒天豆腐

涼しげな夏のおもてなしにおすすめの一品です。

カロリー1人分:49kcal.

塩分1人分:0.5g

ケータイへ送る

材料(4人分)
豆腐 一丁
アスパラ 2〜3本
しょうが 1片
出し汁 2カップ
粉寒天 4g
薄口しょうゆ 小さじ1
少々

作り方

(1)鍋に出し汁2カップ、粉寒天4g、薄口しょうゆ小さじ1、塩少々を合せ火にかけます。
(2)煮立ったら弱火で1分煮、2cm角に切った豆腐一丁、しょうが1片の千切り、ボイルして1cmに切ったアスパラ2〜3本を加えて混ぜます。
(3)流し箱に寒天液を入れて冷やし、固まれば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●寒天● 【栄養・効能】天草、おごのり、えごのりなどを煮溶かして乾燥させたもの。海草なので、カロリーはごくわずか。それでいて食物繊維は豊富なので、便秘を解消し、体内の老廃物を排出する効果があるといわれています。
【種類】棒寒天、粉寒天、糸寒天の3つがあります。棒寒天と糸寒天はたっぷりの水につけてもどすのがポイント。粉寒天はすぐに水に溶けるので、もどす手間がいらず、使いやすいのが利点です。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

スパゲティは「アル・デンテ」に

レシピを見る

スパゲティは「アル・デンテ」にゆでるのがよいとされています。デンテはイタリア語で歯の意味。「アル・デンテ」とは、歯ごたえよくという意味です。上手なスパゲティのゆで方は、まずたっぷりの湯を用意すること。湯の量の1%程度の塩を加えてスパゲティをさばき入れ、絶えず湯を沸騰させた状態でゆでます。表示時間の少し前になったら1本つまんでゆで上がりを確認。芯がほんの少し残るくらいが「アル・デンテ」です。