イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

山いものフワフワ磯辺揚げ

レシピを印刷する

山いものフワフワ磯辺揚げ

軽〜い食感。ビールにぴったり。

カロリー1人分:121kcal.

塩分1人分:1.0g

ケータイへ送る

材料(1人分)
板のり 1枚
すりおろした山いも 大さじ6
塩・山椒 適量

作り方

(1)板のりを6等分し、その上にすりおろした山いも大さじ1をのせ、巻きます。
(2)170℃に熱した油で、全体が色づくまでフワリと揚げます。
(3)お皿に盛り、塩と山椒を添えていただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●山いも● 【種類】水気が多くて粘りの少ない長いも、粘りのある大和いも、強い粘りがあるつくねいもがあります。
【栄養・効能】でんぷん分解酵素のアミラーゼを含み、消化を助けます。特有のぬめりは、ムチンという成分で、滋養強壮作用が認められています。
【食べ方】粘りの強い大和いもやつくねいもはすりおろしてとろろに。長いもはシャキシャキとした歯ざわりを生かし、せん切りにしてサラダや酢のものに。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは?

レシピを見る

昔から、土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣があります。 この時期は、暑さが厳しく、体調をくずしやすいとき。 脂質やたんぱく質、ビタミンAやB群が豊富なうなぎを食べることで、体に抵抗力をつけ、夏バテを防止しようというわけです。ちなみに夏の土用とは、立夏の前の18日間。その期間中の丑の日が「土用の丑の日」となります。