イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

春巻きグリル

レシピを印刷する

春巻きグリル

ビールのおつまみに。キムチの辛さとチーズがよくあいます。

カロリー1個分:218kcal.

塩分1個分:1.6g

ケータイへ送る

材料(分量は人数に合わせて調節して下さい。)
春巻きの皮  
キムチ  
しゃぶしゃぶ用の餅  
モッツアレラチーズ  
小麦粉・水  

作り方

(1)春巻きの皮のまわりには、水で溶いた小麦粉をぬります。
(2)キムチのざく切り、しゃぶしゃぶ用の餅、食べやすい大きさに切ったモッツアレラチーズを(1)にのせ、半分に折ってくっつけます。
(3)オーブントースターで3〜4分焼き、一口大に切って器に盛り付けてどうぞ。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●ナチュラルチーズ● 【特徴】カマンベールチーズは中はクリーミーな白カビタイプ、モッツァレラチーズは白くて柔らかく、クセのないチーズ。ゴルゴンゾーラはイタリアの青カビチーズです。
【栄養・効能】原料の牛乳に含まれる栄養素が凝縮されているうえ、発酵・熟成の過程でたんぱく質などが消化吸収されやすくなっています。
【保存法】きっちりとラップで包んで冷蔵庫で保存。なるべく早めに使いきります。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「カキの旬はRがつく月」といわれるのは?

レシピを見る

「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価の高いカキ。うまみたっぷりの濃厚な味わいが愛され、世界各国で食べられています。生食を好まない欧米でも、カキだけは生で食べます。その欧米でカキの旬とされるのは「Rがつく月」。とくに、体内に含まれる水分が少なくなり、うまみが凝縮してくる12月�1月がもっともおいしい時期です。反対に、Rがつかない5�8月は、産卵期のため、身がやせて中毒を起こしやすいので、食べないほうがよいといわれています。