イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

ビンチョウマグロのサラダ

レシピを印刷する

ビンチョウマグロのサラダ

おしょうゆ入りのドレッシングがマグロと野菜にぴったり。

カロリーマグロ80g分あたり:233kcal.

塩分マグロ80g分あたり:1.9g

ケータイへ送る

材料(分量は人数に合わせて調節して下さい。)
お刺身用のビンチョウマグロ  
トマト  
きゅうり  
セロリ    
オリーブオイル  
バルサミコ酢  
しょうゆ  
レモン汁  

作り方

(1)お刺身用のビンチョウマグロは1cm角位に切ります。
(2)皮をむいたトマト、きゅうり、セロリも1cm角位に切り、(1)と混ぜ合せ、お皿に盛ります。
(3)オリーブオイル・バルサミコ酢・しょうゆ・レモン汁をかけてお召し上がり下さい。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●マグロ● 【栄養・効能】種類や部位によって栄養価は異なりますが、良質のたんぱく質や鉄、ビタミンD・E、タウリンなどを多く含みます。トロなど脂の多い部分には、IPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
【食べ方】生でいただくのがいちばん。刺身や山かけ、おすしのほか、カルパッチョや中国風の刺身サラダなどもおすすめです。残ったらしょうゆとみりんで“づけ”にしておき、づけ丼などに。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

紙包みは焼き上がったらすぐに食卓に!

レシピを見る

材料を紙で包んで焼く調理法は、西洋料理では「パピヨット」と呼ばれます。パラフィン紙やオーブン用シートに、生か軽く火を通した材料をのせ、きっちり包んで焼きます。空気が逃げないように密封することで、味や香りを封じこめることができます。 焼き上がると紙が膨らむので、そのまま器に盛って食卓へ運びいただきます。紙を開くと、おいしそうな香りが広がりますが、さめると紙がしぼんでしまうので、すぐに食卓に出すことが肝心です。