イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

うなぎの焼おにぎり茶漬け

レシピを印刷する

うなぎの焼おにぎり茶漬け

焼おにぎりと
昆布茶の相性がぴったりの、
ごちそう茶漬け。

カロリー1人分:535kcal.

塩分1人分:2.7g

ケータイへ送る

材料(1人分)
ご飯 お茶碗1杯分
鰻の蒲焼き 1/4尾
しょうゆ 少々
みつ葉 1/4束
昆布茶 適量

作り方

(1)お茶碗1杯分のご飯の中に1cm幅に切った鰻の蒲焼き1/4尾を入れ、しょうゆ少々をつけた手でおにぎりにします。
(2)オーブントースターでこげ目がつくまで焼き、少し大きめの器に入れざく切りにしたみつ葉1/4束をのせます。
(3)熱い昆布茶をたっぷりと注いでいただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●鰻● 【種類・旬】養殖が大半で、通年見かけますが、旬は脂がのる夏です。一般的な鰻のほか、薬用に用いられる八目鰻があります。
【栄養・効能】体の抵抗力を高めるビタミンAをはじめ、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB2が豊富。夏バテしやすい「土用の丑の日」に食べるのがおすすめです。
【食べ方】蒲焼きがほとんど。さめたら、皮目を焼いてから酒をふってラップし、電子レンジで温めるとおいしくいただけます。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

きのこは冷凍保存ができます。

レシピを見る

秋の味覚を代表するきのこ。きのこ料理をするなら、どれか1種類より、いろんな種類を使ったほうが、味わいが深くなります。 少しずつ使って残ったきのこは、冷凍保存がおすすめ。洗わずに、石づきをとってすぐに使える状態にし、ジッパーつきの冷凍保存用袋に入れて冷凍。とけると水気が出るので、凍ったまま使います。いろんな種類を一緒に保存しておくと、汁ものやパスタ、炒めものにすぐ使えて便利です。