イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

えんどう豆のふくさたまご

レシピを印刷する

えんどう豆のふくさたまご

お豆腐が入って
ふわっとした仕上がり。
お弁当にも。

カロリー1人分:235kcal.

塩分1人分:1.0g

ケータイへ送る

材料(4人分)
木綿豆腐 半丁
たまご 2個
えんどう豆 2カップ
干し海老 大さじ2
砂糖・みりん 各小さじ1
薄口しょうゆ・塩 各小さじ1/2
サラダ油 大さじ1

作り方

(1)水切りしてからつぶした木綿豆腐半丁に、たまご4個を混ぜ、ゆでたえんどう豆2カップ、水で戻し細かくきざんだ干し海老大さじ2、砂糖・みりん各小さじ1、薄口しょうゆ・塩各小さじ1/2を加えます。
(2)フライパンに入れ、お箸で混ぜながら中火で半熟程度に火を通します。
(3)さらに、サラダ油大さじ1を入れて熱したたまご焼器に平らに流し入れふたをして、両面を色よく焼けば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●えんどう豆● 【特徴】完熟したえんどう豆には、青・赤・白の3種があり、日本では青色が主流。ちなみに、未熟果でさやごと食べるのがさやえんどう、未熟果の粒をとり出したのがグリンピースです。
【栄養・効能】主成分は糖質やたんぱく質ですが、ビタミンB群が多いのが特徴。とくに疲労回復に役立つビタミンB1が豊富です。
【食べ方】外皮がかたいため、長時間水に漬けてもどしてから調理をします。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

普通の砂糖ときび砂糖の違いは?

レシピを見る

上白糖やグラニュー糖など、よく使う普通の砂糖は、さとうきびから絞った砂糖液を遠心分離器にかけて結晶と糖蜜に分けて精製して作られます。これに対し、きび砂糖はさとうきびから絞った汁をそのまま煮つめて作ります。そのため、原料のさとうきびの風味やミネラルがそのまま残り、コクのある味わいがあります。 とくに、飴がけなどお菓子に使うともち味が生きます。