イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

揚げたまごの春スープ

レシピを印刷する

揚げたまごの春スープ

彩りのキレイなさっぱり味のスープ。

カロリー1人分:124kcal.

塩分1人分:2.1g

ケータイへ送る

材料(4人分)
たまご 4個
菜の花 1束
キヌサヤ 適量
プチトマト 12個
4カップ
固形チキンスープ 2個
塩・こしょう 適量

作り方

(1)半熟のゆでたまご4個はきつね色に揚げておきます。
(2)水4カップと固形チキンスープ2個を合せたスープを作ります。
(3)揚げた(1)と、さっとゆがいた菜の花1束とキヌサヤ、プチトマト12個を入れます。
(4)塩・こしょうで、味をととのえれば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●たまご● 【栄養・効能】ビタミンCを除くすべての栄養素を含む、すぐれた栄養食品です。とりわけ、良質のたんぱく質が豊富。体内で作ることのできない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。
【保存法】尖ったほうを下にして冷蔵庫で保存します。気孔から水が入るおそれがあるので、水洗いは避けます。賞味期限は生で食べられる期限の目安。期限を過ぎたら食べられなくなるわけではありません。加熱調理をすれば大丈夫です。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは?

レシピを見る

昔から、土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣があります。 この時期は、暑さが厳しく、体調をくずしやすいとき。 脂質やたんぱく質、ビタミンAやB群が豊富なうなぎを食べることで、体に抵抗力をつけ、夏バテを防止しようというわけです。ちなみに夏の土用とは、立夏の前の18日間。その期間中の丑の日が「土用の丑の日」となります。