イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

イチゴのデザート

レシピを印刷する

イチゴのデザート

グラスにかわいく盛付ければ、
ちょっぴり素敵なティータイムに。

カロリー1人分:283kcal.

塩分1人分:0.3g

ケータイへ送る

材料(6人分)
イチゴ 1パック
マスカルポーネ 200g
生クリーム 200cc
砂糖 大さじ1

作り方

(1)生クリーム200ccを七分程度に泡立て、砂糖大さじ1とクリーム状にしたマスカルポーネ200gを入れ混ぜ合せます。
(2)さらにヘタを取ったイチゴ1パックを(1)に加え、つぶさないように混ぜます。
(3)ガラスの器に盛り冷蔵庫へ30〜40分。冷たくしていただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●イチゴ● 【種類・旬】キイチゴなどの野生種を含めると国内だけでも50種以上。旬の冬から春先にかけて、とよのか、女峰、とちおとめなどが出回ります。
【栄養・効能】手軽に食べられるビタミンCの宝庫。10粒程度(大粒なら5〜6粒)食べると、1日の必要量を摂取できます。ビタミンCはコラーゲンの生成に大切な役割をになっており、血管や皮膚、粘膜を丈夫にします。ペクチンなどの食物繊維も豊富なため、便秘解消にも効果が期待できます。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

お肉とフルーツは好相性です。

レシピを見る

フルーツとお肉との料理はちょっとなじみがない気がしますが、これが意外と好相性。果実の中には、動物たんぱくを分解する酵素を含んだものも多く、たんぱく質の消化を助けたり、お肉を柔らかくする効果があるからです。例えば、メロンと生ハムや鴨とオレンジも相性のよい組合せとして知られています。果実のほどよい酸味は、お肉をあっさりと仕上げる効果があります。