イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

イチゴのプリザーブ

レシピを印刷する

イチゴのプリザーブ

アイスクリームとヨーグルト、
イチゴをよく混ぜあわせていただきます。

カロリー1人分:212kcal.

塩分1人分:0.1g

ケータイへ送る

材料(4人分)
イチゴ 300g
グラニュー糖 100g
レモン 1/2個
ヨーグルト・アイスクリーム 適量

作り方

(1)ヘタをとったイチゴ300gとレモン1/2個の輪切りを鍋に入れ、その上にグラニュー糖100gをふりかけ30分以上置き、紙ブタをかけます。
(2)イチゴの形がのこるよう煮汁がひたひたになるまで弱火で静かに煮たら、そのまま冷まします。
(3)パフェグラスにヨーグルト、アイスクリームとイチゴを入れて出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●イチゴ● 【種類・旬】キイチゴなどの野生種を含めると国内だけでも50種以上。旬の冬から春先にかけて、とよのか、女峰、とちおとめなどが出回ります。
【栄養・効能】手軽に食べられるビタミンCの宝庫。10粒程度(大粒なら5〜6粒)食べると、1日の必要量を摂取できます。ビタミンCはコラーゲンの生成に大切な役割をになっており、血管や皮膚、粘膜を丈夫にします。ペクチンなどの食物繊維も豊富なため、便秘解消にも効果が期待できます。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

粉ゼラチンのふやかせ方

レシピを見る

ゼラチンには板状の板ゼラチンと、粉末の粉ゼラチンとがありますが、手に入りやすく、使い勝手がよいのは粉ゼラチン。粉ゼラチンの約3倍量の水にふり入れ、10〜20分おいて充分ふやかしてから、加熱して溶かします。ここで大事なのは、ゼラチンを水にふり入れること。逆にゼラチンに水をふりかけると部分的に固まってしまい、全体が均一にふやけないので注意が必要です。