イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

生サンマのしょうが焼き

レシピを印刷する

生サンマのしょうが焼き

しょうがの風味が熱々ごはんにぴったり。

カロリー1人分:311kcal.

塩分1人分:2.9g

ケータイへ送る

材料(1人分)
生サンマ 1尾 
○タレ○  
酒・みりん・しょうゆ 各大さじ1
土しょうが 1片

作り方

(1)生サンマ1尾は、頭と尾を落とし内臓を抜き半分に切ります。
(2)酒・みりん・しょうゆ各大さじ1、土しょうが1片の千切りをあわせタレを作ります。
(3)30分程サンマをタレに漬け込み、汁気を切ってグリルでこんがりと焼いたら出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●サンマ● 【旬】夏の終わりころから南下するところを捕獲され、各地の漁港に水揚げされます。旬は秋ですが、冷凍技術や保存、流通の進歩で通年出回ります。
【栄養・効能】不飽和脂肪酸が豊富。ビタミンDにも富み、血合いにはビタミンB12が多く含まれます。
【食べ方】定番は塩焼き。内臓をとらず焦がし気味に焼き、大根おろしとすだちでいただくのがおすすめです。蒲焼き、有馬煮、立田揚げ、フライやピリ辛煮に。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

紙包みは焼き上がったらすぐに食卓に!

レシピを見る

材料を紙で包んで焼く調理法は、西洋料理では「パピヨット」と呼ばれます。パラフィン紙やオーブン用シートに、生か軽く火を通した材料をのせ、きっちり包んで焼きます。空気が逃げないように密封することで、味や香りを封じこめることができます。 焼き上がると紙が膨らむので、そのまま器に盛って食卓へ運びいただきます。紙を開くと、おいしそうな香りが広がりますが、さめると紙がしぼんでしまうので、すぐに食卓に出すことが肝心です。