イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

マグロのサラダエスニック風

レシピを印刷する

マグロのサラダエスニック風

ピリ辛マグロを野菜に巻いていただきます。

カロリー1人分:254kcal.

塩分1人分:2.9g

ケータイへ送る

材料(3人分)
マグロの赤身 200g
レタス・サニーレタス・サラダ菜・白髪ネギ 適量
ゴマ油 少々
○タレ○  
コチュジャン・しょうゆ・ゴマ油・おろしニンニク・白ゴマ 各大さじ2

作り方

(1)コチュジャン・しょうゆ・ゴマ油・おろしニンニク・白ゴマ各大さじ2を合せたタレを作ります。
(2)サイコロに切ったマグロの赤身200gを10分〜15分タレに漬けます。
(3)食べやすい大きさにちぎった、レタス・サニーレタス・サラダ菜にゴマ油をまぶし器に盛り、その上にマグロと白髪ネギを盛れば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●マグロ● 【栄養・効能】種類や部位によって栄養価は異なりますが、良質のたんぱく質や鉄、ビタミンD・E、タウリンなどを多く含みます。トロなど脂の多い部分には、IPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
【食べ方】生でいただくのがいちばん。刺身や山かけ、おすしのほか、カルパッチョや中国風の刺身サラダなどもおすすめです。残ったらしょうゆとみりんで“づけ”にしておき、づけ丼などに。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

スパゲティは「アル・デンテ」に

レシピを見る

スパゲティは「アル・デンテ」にゆでるのがよいとされています。デンテはイタリア語で歯の意味。「アル・デンテ」とは、歯ごたえよくという意味です。上手なスパゲティのゆで方は、まずたっぷりの湯を用意すること。湯の量の1%程度の塩を加えてスパゲティをさばき入れ、絶えず湯を沸騰させた状態でゆでます。表示時間の少し前になったら1本つまんでゆで上がりを確認。芯がほんの少し残るくらいが「アル・デンテ」です。