イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

鯛赤飯

めで鯛に赤飯を詰めたお祝い料理。

カロリー1人分:490kcal.

塩分1人分:2.4g

ケータイへ送る

材料(1人分)
小鯛(200g位) 1尾
赤飯 適量
大さじ2
酒・水 各1/2カップ

作り方

(1)小鯛(200g位)は内臓をエラから取り、頭のつけ根から尾まで背中に切り込みを入れ、中骨をつけ根から切り取ります。
(2)塩大さじ2、酒・水各1/2カップを合せた中へ鯛を10分つけ、さらにザルに30分あげ水気を切ります。
(3)にぎりまとめた赤飯を、鯛の背中の切り込みに詰めます。
(4)蒸し器で20分蒸せば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●鯛● 【特徴】クセのない白身で身のしまりがよく、味、色、姿と三拍子そろって人気。真鯛を筆頭に、いろいろな種類が出回ります。
【栄養・効能】脂肪が少なく栄養価の高いたんぱく質を含み、消化吸収にもすぐれています。各種ビタミンやミネラルも豊富。うまみ成分のイノシン酸が分解されにくいため、味が落ちにくいのが特徴です。
【食べ方】刺身、昆布じめ、塩焼き、鍋など幅広く利用できます。頭はかぶと焼き、あらは煮ものや汁に。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

さばは塩で下ごしらえを

レシピを見る

秋から冬のさばは脂がのってひときわ美味。塩焼きやみそ煮もおいしいものですが、意外にさっぱりいただけるのが揚げもの。高温の油で揚げることで、余分な脂を落とすことができるからです。どの調理法の場合も、おいしくいただくポイントは塩をして身をしめること。塩をすることで余分な水分と一緒に特有のくさみが抜けます。全体に軽く塩をふって少しおき、出てきた水分はペーパータオルで押さえて拭きとります。