イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

塩こんぶとやさいのさっぱりソーメンスパ

レシピを印刷する

塩こんぶとやさいのさっぱりソーメンスパ

おいしさの秘訣は塩こんぶと仕上げのこぶ茶。

カロリー1人分:299kcal.

塩分1人分:1.8g

ケータイへ送る

材料(4人分)
素麺 4束
たまご 2個
塩こんぶ 大さじ2
みつ葉 1束
わけぎ 1束
こぶ茶 適量
大葉 5枚
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク 1片

作り方

(1)素麺4束はかためにゆで、流水で洗っておます。
(2)溶きたまご2個で、炒りたまごを作っておきます
(3)フライパンにオリーブオイル大さじ2と薄切りにしたニンニク1片を入れ、香りが出るまで炒めます。
(4)下ごしらえした(1)と(2)、千切りの塩こんぶ大さじ2を(3)に加えて炒めます。
(5)3cmくらいに切った、みつ葉1束・わけぎ1束を加えて炒めます。
(6)こぶ茶で味をととのえ、千切りにした大葉5枚をかければ出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●素麺● 【特徴】小麦粉に水と少量の塩を加えてこねた生地から作る乾麺。機械製が主流ですが、昔ながらの手延べ素麺もあります。2〜3年ねかせるとコシの強さと独特の食感が生まれておいしくなります。
【食べ方】たっぷりの湯に入れ、一度煮たったら火力を調整して静かな沸騰状態を保ちながら、表示の時間ゆでます。すぐに流水に当てて粗熱をとったあと流水の下でもみ洗いします。冷たくしていただくほか、にゅうめんや炒め素麺も美味です。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは?

レシピを見る

お彼岸に欠かせない「おはぎ」。最近は1年中「おはぎ」と呼ばれていますが、本来は、春のお彼岸に食べるのを「ぼたもち」、秋のお彼岸に食べるのを「おはぎ」と呼び分けます。漢字で書くと「牡丹餅」と「お萩」。それぞれ季節の花に見立てての呼び名です。花のイメージから、「ぼたもち」はこしあん、「おはぎ」は粒あんをまぶすという説もありますが、とくに区別しないことのほうが多いようです。