イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

新キャベツの箸休め

レシピを印刷する

新キャベツの箸休め

いくらでもいただける、梅干しベースのさっぱり味。

カロリー1人分:37kcal.

塩分1人分:1.6g

ケータイへ送る

材料(4人分)
キャベツ 6枚
梅干し 2個
みりん 小さじ2
しょうゆ 少々
鰹の削り節 1パック
白ゴマ 少々

作り方

(1)キャベツ6枚は5cm角に切り、さっとゆがきます。
(2)梅干し2個は種を取ってたたきボウルに入れみりん小さじ2でのばし、さらに鰹の削り節1パック・しょうゆ少々を加えます。
(3)水気を絞ったキャベツに(2)に入れあえ、白ゴマををふれば出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●キャベツ● 【旬】旬は年2回。冬キャベツと春キャベツがあります。
【食べ方】冬キャベツは巻きがかたくてしっかりとしているので、ロールキャベツなどの煮こみに最適です。春キャベツは葉が柔らかく、巻きがゆるいのが特徴。生のままサラダやさっとゆでておひたしやあえものなどにするのがおすすめです。
【栄養・効能】胃腸を保護するビタミンUが豊富。胃もたれを抑える作用があり、キャべジンという胃腸薬の語源にもなっているほどです。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

お肉とフルーツは好相性です。

レシピを見る

フルーツとお肉との料理はちょっとなじみがない気がしますが、これが意外と好相性。果実の中には、動物たんぱくを分解する酵素を含んだものも多く、たんぱく質の消化を助けたり、お肉を柔らかくする効果があるからです。例えば、メロンと生ハムや鴨とオレンジも相性のよい組合せとして知られています。果実のほどよい酸味は、お肉をあっさりと仕上げる効果があります。